ホームページを多くの人に閲覧してもらうために

せっかくホームページ制作をしても、なかなかアクセス数が伸びずに悩まれたりしていませんか?ホームページを多くの人に見てもらうためには、まず更新数を上げることが大切なポイントです。こちらではサイト更新の主な例を紹介したいと思います。

 

SNSやブログの活用

Facebook

スマートフォンの普及に伴い、TwitterやFacebookといったSNSの利用者が年々増加しています。そのためSNSと提携し、フォロワーや友達に情報をシェアする機能を利用すれば、ユーザーがボタンを押すだけで数十人~数百人の人へ一気にサイトの存在を知らせることができます。
また新着情報をブログに追加し、会社内でのイベントや新しいサービス、商品の紹介などの内容を載せるなど定期的な更新を行うことで、検索エンジンからの評価も高まります。
SNSやブログのコメント欄から、ユーザーの意見や感想も聞けるため、今後の取り組みへの参考にすることもできます。

 

デザイン・レイアウトの変更

ホームページ制作当初から長期間デザインが変わらないサイトだと、ユーザーに飽きられてしまう可能性があります。スーパーやショップなどが季節やイベントによってレイアウトを毎回変えるように、サイト内も新鮮味を保つために定期的にデザインやレイアウトを変えるようにしましょう。背景の色を変えるだけでも全体の印象が変わるためおすすめです。
またトップページに古い情報や、過ぎたキャンペーンの内容が残ったままのサイトは、更新されていないのがユーザーに一目で分かってしまいます。トレンドの情報を載せているホームページは、とくに定期的に更新することが大切です。

 

掲載商品やサービスの入れ替え

ユーザーを飽きさせないという観点からですと、掲載商品の定期的な入れ替えも忘れてはいけないポイントです。時代の流れにあわせてトレンドを発信し、ユーザーのニーズに合わせて商品やサービスを更新することで、ユーザーにとってより魅力的なページになるはずです。

インターネットが普及した現代では、どこの会社でもホームページをもっているのが普通なため、多くのユーザーに見てもらうためには様々な工夫が必要になります。
「fine」では、企業様に最適なホームページを提案、制作いたします。静岡や東京を始めとする関東圏を中心に、多くの方にアクセスしてもらえるようなホームページ制作を行っております。名古屋や大阪など、遠方からのご依頼も是非ご相談ください。

Page Top