レスポンシブwebデザインに求められる進化

パソコンだけでなくスマホからもwebサイトを閲覧する方は多くなりました。静岡県内の企業様でもスマホ用ホームページ作成やレスポンシブwebデザインのニーズが高まっていますが、そもそもレスポンシブwebデザインとは何なのでしょうか。

 

便利なレスポンシブwebデザイン

タブレット

レスポンシブwebデザインとはユーザーがwebサイトを閲覧する時に、使用するデバイスによって画面を最適化するwebデザインのことです。 スマホ・パソコン・タブレットを問わず拡大した時に画面の端が見えなくなったり、縮小する時に縮小しすぎてしまったりといった不便を防いでくれます。Googleも推奨しているデザイン方法の1つです。

 

ターゲット明確にすることも大切

レスポンシブwebデザインはスマホユーザー向けのホームページ制作でとても便利なものですが、選択する際はターゲットも考慮する必要があります。
例えば、視力の低い方が最大限文字を拡大したいという時でもwebデザインの秩序を保つことを優先して働くため、文字を大幅に拡大することは難しいです。老眼の方も多い50~60代の人がターゲットのビジネスでは、ユーザーが使いにくいと感じてしまう可能性もあります。

 

これから期待される取り組み

こうしたレスポンシブwebデザインの欠点を解消する取り組みもいくつか始まっています。例えば、パソコンユーザー向けの画面とスマホユーザー向けの画面を切り替えできるwebデザインを取り入れる取り組みです。
これによりユーザーは見たいページごとに好きなフォントサイズでホームページを閲覧することが可能です。これからスマホユーザーは年齢層を問わず発展すると期待されていますので、他にも様々な方法が模索されています。

これからスマホで閲覧することが予測されるホームページを作成するなら、コストパフォーマンスといった料金面はもちろん老若男女問わず快適な閲覧を可能にするwebデザインであることが求められます。

Page Top