ホームページの作成方法

ホームページの作成方法

会社の宣伝やサービスの幅を広げるために、オリジナルのホームページを作る会社が増えています。
クオリティの高いホームページを作りたい場合は、WEB制作を専門に行っている会社へ依頼するのが手っ取り早い方法です。
WEB制作の料金は会社によって違いますので、見積もりを依頼して価格とサービス内容を確認した上で依頼をすることをおすすめします。
ホームページに関することをweb制作会社へ全て任せていても、ホームページの作成方法について少し知っておいた方が良いと思います。
ホームページの作り方には色々な方法がありますので、いくつかご紹介します。

 

HTML

HTMLというのは、webページを作るための言語です。
インターネット上で公開されているホームページのほとんどは、このHTMLで作成したものです。HTMLを使えば、webページの中に他のサイトへ移動するリンクを設定できたり、画像や動画などのデータを文書内に埋め込んだりすることができます。
自由なデザインのホームページを作るためには、HTMLの勉強が必要です。

 

CSSとHTML

CSSは、webページ内にある文書に装飾をほどこすための言語です。
HTMLだけでもホームページを作ることは可能ですが、CSSを使うとデザインの自由度が広がります。
HTMLで文字の構成を作りCSSで装飾をすると、見栄えが良く見やすいホームページになります。

 

レスポンシブwebデザイン

スマートフォンやタブレットなどのタブレットが出てきたことで、ホームページを閲覧する端末のサイズが増えてきました。HTMLやCSSを使って作成したホームページの場合、各端末のサイズに対応したHTMLファイルを用意しなければなりません。
レスポンシブwebデザインは、一つのファイルだけで各端末に対応することができます。
ホームページの内容を更新する時も、複数のファイルを更新する必要が無くなりますので、更新作業が楽になります。

 

HTMLとCSSとレスポンシブwebデザインには、それぞれ違った個性があり、ホームページを作る目的や予算によって最適な方法が異なります。そのため、ホームページを有効的に使用するためには、作る目的・提供したいサービスなどをしっかりと決めておく必要があります。

 

 

 

 

Page Top