スマホ用ホームページとパソコン用ホームページの違い

スマホでホームページを見る

スマホでパソコン用のホームページを閲覧できても、スマホ用とパソコン用のホームページを分けて作成している会社がたくさんあります。
何故、同じ会社のホームページを分けて作るのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。
スマホ用とパソコン用の違いをこちらでご説明します。

 

画面サイズの違い

一般的なパソコンの画面は、1000~1800ピクセルほどあります。
それに対し、スマホの画面サイズは320~480ピクセルしかないので、パソコンはスマホの4倍以上あることになります。
パソコンの画面で見るために作られたホームページをスマホで表示すると、自動的に画面がスマホサイズに縮小されるので、文字や画像が小さくて見づらくなってしまいます。画面を拡大しながらホームページの文字を読むのは、とても時間がかかります。
スマホ用にサイズとレイアウトを変更したホームページを制作しておけば、スマホでもストレスを感じることなくホームページを閲覧することができます。

 

通信速度の違い

現在使用されているパソコンの回線は、ADSLや光回線が使用されています。
通信速度は光回線の方が早いため、光回線を使う人が増えてきています。
光回線の最大通信速度は100Mbpsで、1秒間に12MBのデータを転送することができます。
スマホの通信に使われているLTEの最大通信速度が75 Mbpsなので、スマホの通信速度はパソコンの4分の3程度ということです。通信速度が遅いと、データの読み込みに時間がかかって画面が全て表示されるまでに時間がかかってしまいます。
画像を多用しているホームページは容量が大きいので、特に時間がかかります。

 

このように、パソコンとスマホには大きな違いがありますので、スマホ用ホームページとパソコン用ホームページの両方を制作している会社が多いのです。当サイトは、静岡県を中心にホームページ制作やwebデザインを行っています。
ホームページ制作や修正を考えている方や、料金の相談を希望される方はお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

Page Top