Google Analyticsで「検索キーワード」項目がなくなった?

このところGoogle Analyticsの管理画面に変更があったようです。

いままであった「検索キーワード」項目がとうとうなくなりました。これによって「オーガニック検索」も確認できなくなりました。

どのみちこれまでも「オーガニック検索」で表示された一覧には(not provided)が最も多く、検索キーワードを正確に把握することはできなくなっていたから、この際キッパリ諦めて「検索クエリ」から分析したほうが良さそうです。
これには予めGoogle Analyticsとウェブマスターツールは関連づけしておく必要があります。

オーガニック検索でトップに表示される(not provided)は、「Googleのサービスにログインしているユーザーが検索してきましたよ」ということで、SSLで暗号化されており解析出来ないという表示です。

この機能に似たもので「検索クエリ」がありますが、「オーガニック検索」との違いについてはこちらで少し触れています。

今後は検索クエリ項目で「表示回数」と「クリック数」を比較し、クリックされた率「CTR」と「平均掲載順位」を見て予測、分析していくことになると思います。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック
http://officefine.net/sys/wp-trackback.php?p=844

Pages

Page Top