Wi-Fiに相性があるのか

しばらく前から仕事で使っているMacが自宅のWi-Fiに繋がりにくくて困っていました。

繋がりにくいと言っても、最初のうちは繋がっていて、暫く使っていると突然切れてしまうといった具合で、理由が分からず...

iPhoneやiPad、Win8などは繋がるものだからMacの不具合だと予想していました。

セーフモードで起動したり、アクセス権の修復をしたりPRAMクリアもしても改善せず、はずれを引いたかと半ばあきらめ気味。

Appleのサポートに電話しても、セーフモードで起動、アクセス権の修復、PRAMクリアと自分でやったことをアドバイスされるだけでした。

しかし!気づいた事が...iPhoneをテザリングしてネットに繋ぐと全く問題ないのです。

またしても謎だ...

モヤモヤしたまま時が過ぎて、"途中でネットが切れてしまう"という現象がどんどん悪化してきてストレスがMAXになってしまい、頼みの綱で改めてAppleに電話してみました。

すると思いがけないことを、言われたのです。

ルーターの電波の相性が悪いのかもしれません。一度他のWi-Fi環境で試してみてくだださい。それでも同じ現象が起きるのであればMacを修理する必要があるかもしれません」

Wi-Fiに相性などあるのか!?

自宅のルーターはBuffaloのWZR2-G300N。確かに古いけど11n、WAP2で繋げてるし...

半信半疑でいましたが、そんなことも言ってられないので行動にでました。

PCがネット接続できる場所と言って思いつくのがスタバ。早速行ってテストしてみました。

設定を終えてネットに接続し作業する事3時間、不思議な事にあのイヤな現象はみられません。

たまたまか!?

すっきりしないまま自宅に帰りましたが、思い切ってルーターを買い替える事を決心しAmazonで注文。

どうせ買うなら将来的に11acが使え、5GHz 11nとギガビットイーサネットも使えるものをと思いBuffaloとNECで悩みましたが、今回はNECのPA-WG1400HPをチョイス。

さぁ、家にルーターが届き、早速設定を済ませネットに繋いでみたところ...繋がる...繋がる...

マジか?

結果的にWi-Fiに相性があると認めざるを得ません。使用しているチップとかのせい?常識なんでしょうか、恥ずかしくもぼくは初めて知りました。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック
http://officefine.net/sys/wp-trackback.php?p=525

Pages

Page Top