「消える」写真共有サービスSnapchatの設定

数秒で消えてしまう写真共有アプリSnapchatをご存知ですか。

最近、「SnapchatがFacebookによる30億ドルでの買収提案を拒否した」とか「1日あたりの写真アップロード件数がFacebookを上回った」など何かと話題にあがっています。

まだ自分の周りではあまりSnapchatユーザーを見かけませんが、アメリカでは1日あたりの写真アップロード件数がFacebookを上回るほど、特に若い世代では人気のようです。

Facebookは高齢化が囁かれてきましたこともあり、ここはひとつ"若い衆"のアプリを試しておきたいものです。

アプリのストアからSnapchatをダウンロードします。
snapchat_icon

ダウンロードしたSnapchatを起動すると
LOG IN / SIGN UP の画面が現れるので、まずは SIGN UP
日本語は無いのね
step1

フォームにメールアドレス、任意のパスワード、誕生日を入力します
step2

入力が正常に行われると、「Enter」のボタンが表示されますのでタップします。
step3

次に、User Nameを設定するフォームが表示されますので入力します。
step4

電話番号を入力するフォームが表示されますが、とりあえずスルー
右上の三角をタップします。
step5

すると、カメラが起動し被写体が映し出され、画面したにシャッターボタンが現れます。が、その前にシャッターボタンの左側にある四角のボタンをタップします。
step6

画面右上にある歯車のボタンをタップし初期設定を確認します。
step7

気になる箇所は Who Can...の項目の Send Me Snaps の箇所が My Friends になっているのでタップし変更します。
(このアカウント"toswee"はテスト用です)
step8

Everyone をタップし、左上の三角ボタンをタップして前の画面に戻ります。
step9

設定が完了したので左上の三角ボタンをタップしてカメラの画面に戻ります。
step10

カメラが起動するので被写体にスマートフォンを向け画面下のシャッターボタンをタップします。
タップではなく押し続けると動画になるようです。
step11

写真を撮ると、画面下のボタンが変わりますので、一番左にある目覚まし時計のようなボタンをタップします。
これは送信する画像が何秒後に削除されるようにするか、を設定するボタンです。
step12

1秒から10秒まであります。
step13

設定が済んだら、右下にある右矢印のような送信ボタン(まだ送信しません)をタップします。
step14

送信する相手を選びます。
step15

が、まだ相手が居ませんので試しに自分に送信してみます。
step16

送信が完了したら一覧に表示されます。
step17

暫く待つと、自分から画像が送信されてきます。本当は他の誰かから送信されて来るはずです。
受信したらその名前を押しっぱなしにします。押しっぱなしにしている間だけ表示されるのです。
注意するのは、その名前を押した瞬間から設定した秒数だけカウントダウンが始まります。
step18

押している間だけ表示
step19

すぐに消えてしまう画像と言っても画面キャプチャ撮っちゃえば保存できるじゃん


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック
http://officefine.net/sys/wp-trackback.php?p=450

Pages

Page Top