Photoshopでパラパラアニメやタイムラプス動画を作製する方法

Photoshopでパラパラアニメが作れるのをご存知ですか。

何枚かの画像を繋ぎ合わせてアニメーションにするアレです。

必然的にPhotoshopを持っている人に限る内容となりますので予めご了承ください。

パラパラアニメのフレームレートを早くすれば、感動の星空や雲の動きなどの微速度撮影(タイムラプス動画)も作れちゃいます。

手順は意外と簡単!

まず、フォルダーを作り、アニメーションにしたい画像を連番で保存します。

Photoshopでそのフォルダー内にある先頭の画像を開きます。
そのとき、「画像シーケンス」というところにチェックを入れて開きます。
step-1

するとフレームレートを入力する場面が開きます。
1秒間に何コマ表示させるか、という意味ですが、数字が大きい程なめらかなアニメーションになります。
step-2

開きましたか?
画面の下にタイムラインウィンドウが追加されたと思います。
そうしましたら、切り抜きツールや解像度、カンバスサイズの変更で画面のサイズを整えます。
step-3

step-4

切り抜きツールなどで画面の変更をしようとすると「ビデオレイヤーを変形するには、そのレイヤーをスマートオブジェクトレイヤーに変更変更する必要があります。」と言うメッセージが表示されるので「変換」をクリックします。
step-5

いよいよ動画に書き出しです。
メニューバの「ファイル」から「書き出し」「ビデオをレンダリング」を選択します。
step-6

それぞれの設定を行って、最後に右上の「レンダリング」ボタンをクリックしたら出来上がりです。
step-7

サンプルがこちら

東の空 on Vimeo.

↓よかったらソーシャルボタンでシェアしてもらえるとすっごーく喜びます


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック
http://officefine.net/sys/wp-trackback.php?p=151

Pages

Page Top