Googleも推奨するレスポンシブWebデザイン

スマートフォン&タブレットといったスマートデバイスの販売台数がPCの販売台数を上回ったことで、スマートデバイスを意識したWebサイトの構築が避けられなくなってきましたね。
従来は同じコンテンツでデバイスごとに見せ方を変える場合には、別のテンプレートを用意する必要がありました。
これでは生産性が悪く、コストも大きくかかり、URLもテンプレートの数分だけ増えてしまうことになります。
Googleでは同じコンテンツでURLが違う複数のサイトが存在するのはNGとなっています。
そんな事情の中で考えられたのが、一つのWebページに対してアクセスしてきたデバイスごとにCSSでレイアウトを変化させる方法「レスポンシブWebデザイン」です。
この手法はGoogleも推奨しています。
https://developers.google.com/webmasters/smartphone-sites/details?hl=ja
当オフィスのWebページもレスポンシブWebデザインになっています。
パソコン、タブレット、スマホで見比べてみてください。
きっとそれぞれのデバイスで見やすくなっていると思います。
もし今後、あなたのWebページがスマートフォンで見にくいという理由で閲覧されなったとしたらそれだけで機会損失に繋がってしまうことになります。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック
http://officefine.net/sys/wp-trackback.php?p=128

Pages

Page Top